このところの天気事情

今年の梅雨はなんだかおかしい。

去年もおかしかったが今年はもっとおかしい。

まず日照時間。基本的にずっと曇りベースだ。「梅雨の中休み」というものがない。梅雨よ、たまには休んでもいいんだぞ。働き過ぎは身体に毒だぞ。

おかげで洗濯物が外干しできない。ずっと乾燥機頼み。今月の電気代が怖い。

梅雨時の気圧の変化は頭痛持ちにも辛い。頭の重さで目が覚める。ここのところ漢方薬と仲良しだ。粉の漢方は飲みにくいし不味い。嗅覚が鋭い家族は臭い臭いの大合唱。

天気が悪いと買い物に自転車が使えない。一応ダイエットも兼ねているので、運動不足な気がする。早急になにか代替案を考えなければ。

天気予報はもはや信用は出来ない。今日明日の分はまだいい。問題は週間予報だ。週の初めに週末の予報で晴れの表示が出ていて、「その日はシーツが洗えるぞ」と期待していると、日を追うごとに晴れから曇りへ、曇りから雨へと変化していく。結局シーツは洗えない。アメリカだったら訴訟モンだぞ。

私の住む地域ではまだ大丈夫だが、今後野菜や果物、米の値上がりも不安だ。働き盛りがいる家庭には死活問題だ。ああ山盛りのサラダが食べたい。

ここまでつらつら書き綴って来たが、どうやら月末には梅雨が明けそうな気配だ(疑わしい)。そしたら今度は急激な猛暑になるのだろう。

地球が、自然が、人間を試そうとしている。