女の世界はいったい何歳から?

うちの娘は元気があって、いつも男の子と遊んでいました。ご近所さんで気が合う子が男の子が多かったこともあります。母としてもなんとなく助かったなと思っていました。小学3年生くらいからでしょうか、「どうして女の子と遊ばないの?」と言われ出したのは。

いや、あとから知ったことでしたが、2年生くらいから力のある女の子に目の敵にされていたようでした。本人はいじめとは受け取らず、男友達がいるからいいやと思い気にせずにいて、それがエスカレートの原因になりました。http://www.munich-medicine.com/

同じマンションの仲良しに頭もよくてかわいらしい男の子がいました。その子を好きになる女の子がたくさんいました。娘はもちろん好きだからそばにいるわけではなくて、気が合うというそれだけ。母親同士もとても仲良くしていましたし。

「どうして?」って聞かれても理由なんかないんですよね。年齢が上がると男女が別に受ける授業や活動が増えてきますね。女しかいない場面でもそれなりに仲良くやれる子もいたはずなのに、いつの間にか孤立。もしくは仲間はずれにされた女子が泣きながら近づいて、仲間はずれが終わったら去っていくみたいな。

小学校をなんとかやり過ごしても、中学校でも大差はありませんでした。「ひとりでもいいじゃない」と言っても、「ひとりは嫌」って、女のルールを身に着けようとしていました。大人になっても変わらない女はいますね。たいていは嫉妬だと思いますが。10歳より前から、もう女なんですね。近所に友達が少なくて、もっと何かできることはあったのではないかと、今でもふと思ったりします。