立ったまま逆腹筋で痩せる

年末年始、クリスマスを控え、食べ過ぎてしまいそうな昨今ですね。

この記事では、ぽっこりお腹を改善する「逆腹筋」に注目したいと思います。キュリーナはお腹も痩せる?

腹筋運動と聞いてまず思い浮かべるのは、寝転んで上半身を起こすやりかたですね。

これってだるくないですか?寝転がると背中が痛くなるし……なるべくなら、もっと思い立ってすぐできたり、仕事中にも出来るような運動を知りたい、

と思うと思うのです。

そんな際に覚えて欲しいのが、「逆腹筋」のやり方です。

筆者はこれをやって、ウエストマイナス6CM達成しました!

☆逆腹筋のルール

1. ノルマ回数なし。思い立ったらすぐやろう!

2. 終わった直後のお腹が引きしまった状態を、最低五分保って生活

<Step1>

両足を腰幅にひらき、平行にして立つ。足の指をそらせ、床から浮かせる。※かかとで重心が感じられたら正解。

<Step2>

親指は組まず下に向け、首筋を挟むようにする。首に負荷がかからないように両手で支え、息を吐きながら頭を持ち上げる。

<Step3>

息を吸いながら上体を後ろに反らし、キープしたまま呼吸を2回くり返す。※膝が曲がると、骨盤が前に出て腰がそり、腰痛の原因に!

<Step4>

元の姿勢に戻す

 息を吐きながら元の姿勢に戻る。Step2~4を5回繰り返す。(1回でもOK)

☆逆腹筋の効果

これにより、普通の腹筋ではまず使わない、お腹全体の大きな筋肉(腹直筋)がじんわりと痛くなってきます。

ピンポイントではなくお腹全体の筋肉が鍛えられるため、筋肉の腹巻きが出来上がり、お腹がぺたんこになるというワケなんです。