嫌っていえない子ども

私の子どもではないのですが、子どものお友達の2歳の女の子の事でちょっと気になる事がありました。

その子はとてもよく物事を理解しているしっかりとらした女の子でした。その子が周りのお友達だちから、『おもちゃを貸して!』と言われると、いつも、『いいよ。』とすぐに貸してあげていました。他の子どもは、『待って!今使ってるから後で貸してあげる!』と言う子や、『嫌だ』と言う子がほとんどなのにです。セノッピーは効果なし?!

なんでこの子はいつも貸すんだろう?と気になり、『どうしていつもお友達に貸してあげるの?』と訪ねてみると、その子から.『だって貸してって言われたら貸さなきゃいけないんだよ。ママも先生も言ってたから。』と言われました。『でも嫌じゃないの?』と聞くと『うん!』とは言っていたのですが、『でも貸したくないものがあったら、ちょっと待ってね。って言ってもたまにはいんだよ。』とついおしえてしまった私がいました。

その子は『??』という風に首を傾げていました。その時に私は、大人がかける言葉はこんなにも子どもたちに響いて影響するんだと思い、子育ての大変さや責任の重さを感じました。その子は私の言葉をどう受け止め、どこかに響いたのでしょうか?